メガビック 売り場k8 カジノ「米国に次ぐ世界2番目」「東京ドーム数個分」――「Core i7-8086K」で大きく盛り上がった日本仮想通貨カジノパチンコブラウザ ゲーム 協力

メガビック 売り場k8 カジノ「米国に次ぐ世界2番目」「東京ドーム数個分」――「Core i7-8086K」で大きく盛り上がった日本仮想通貨カジノパチンコブラウザ ゲーム 協力

花 の 慶次 無料 アプリk8 カジノ

栃木 県 パチンコ 2018年は、米Intelが創業してから50周年の節目の年。同社のCPUアーキテクチャにおける大きな礎となった「Intel 8086」プロセッサの登場から40周年のメモリアルイヤーでもある。

 これらを記念する製品として登場したのが、「Core i7-8086K Limited Edition」だ。

→x86の40周年に「Core i7-8086K Limited Edition」 年内登場の28コアCPUもデモ→40周年記念モデル「Core i7-8086K Limited Edition」 アキバPCショップの反応は?

 Core i7-8086Kの発表を巡って、一番盛り上がりを見せたのはIntelの本拠地である米国。次いで盛り上がったのは意外にも日本なのだという。

8086と8086K1978年に発売された「8086」(右)と、その40周年を記念して登場した「Core i7-8086K Limited Edition」。面積はそれほど変わらないように見えるが、性能差はものすごいはず米国に次ぐ2番目の反響山本執行役員PC関連製品の近況について説明する山本専マーケティング本部長

 1991年から始まったグローバルマーケティングプログラム「Intel Inside」は、日本独自に行っていたマーケティングプログラム「Intel In It」を参考に作られたものだ。その後、「インテル入ってる」という“てる”合わせのキャッチコピーと共に日本でもIntel Insideが導入された。

Intelプロセッサの歴史Intelプロセッサの歴史

 IntelではグローバルレベルでSNSなどに寄せられる反響を調査しているという。Core i7-8086KについてSNSにおける関連投稿数を調べたところ、具体的な数値は出せないものの、一番多かったのは米国で、2番目に多かったのが日本だったという。

8086KCore i7-8086Kに関するSNS投稿が世界で2番目に多かったという日本。「インテル入ってる」という語感の良いキャッチコピーの効果……なのだろうか?「東京ドーム数個分」の応募があったプレゼントキャンペーン

 日本での反響を物語るのが、「COMPUTEX TAIPEI 2018」で告知されたCore i7-8086Kを8086人にプレゼントするキャンペーンの応募状況だ。

 このキャンペーンは国・地域ごとに当選数の割り当てがあり、日本では500個(人)が割り当てられた。「発売日(6月8日)の24時間」というわずかな時間にも関わらず、日本からは「東京ドームが数回全席埋まるほどの応募があった」(山本専マーケティング本部長)という。

 東京ドームの収容人数は最大で5万5000人(野球での利用時は4万6000人)。それが「数回全席埋まる」ということは、少なくとも10万人の応募はあったものと思われる。

プレゼントキャンペーンプレゼントキャンペーンは500個の割り当てに対してかなりの応募があった模様仮想通貨カジノパチンコテレビ 朝日 が 見 たい

コメントを残す