牙 狼 新台 評価k8 カジノ三菱自動車がフォードのフィリピン工場を買収――2015年1月から生産開始仮想通貨カジノパチンコバイナンス iost

牙 狼 新台 評価k8 カジノ三菱自動車がフォードのフィリピン工場を買収――2015年1月から生産開始仮想通貨カジノパチンコバイナンス iost

ビット コイン 現物 fxk8 カジノ

スロット ゲーム スマホ 三菱自動車は2014年3月31日、米国Ford Motor(フォード)のフィリピン子会社が所有する工場跡地(ラグーナ州ラグーナ市)を取得したことを発表した。フィリピンの生産・販売子会社であるミツビシ・モーターズ・フィリピンズ・コーポレーション(以下、MMPC、現本社:リサール州カインタ市)が、取得工場に本社および工場機能を移転した上、2015年1月から生産を開始する。

 現在フィリピン工場では、ランサーEX、アドベンチャー、L300などを生産している。移転により工場の敷地面積は、現在の18.3ヘクタールから21.4ヘクタールに増える。生産能力も拡充し、年間3万台から5万台へと増やす計画だ。

 MMPCは、フィリピンの自動車生産会社として初めて累計生産50万台を達成するなど、フィリピンの自動車産業の成長に寄与してきた。今回の生産体制の増強により、今後も市場拡大が見込まれるフィリピンにおいて、成長を持続させる狙いだ。

 三菱自動車では、2017年3月期(2016年度)までの中期経営計画「ニューステージ 2016」において、「アセアン地域の生産体制強化」を柱の1つと掲げており、フィリピンにおける生産体制の強化もその一環の動きだという。

「FAニュース」バックナンバー オムロンが約10年ぶりのトップ交代、制御機器事業出身の新社長で次なる成長へ国産初の手術支援ロボットなどが受賞、経済産業省らがものづくり日本大賞を発表最大直径8インチウエハーの研削加工、SiCなど難削材にも高トルクスピンドルで対応新実験棟で開発体制を増強、アズビルが目指すモノづくり自律化システムとはスループット性能が約2.6倍向上、新たな深紫外レーザー採用のウエハー表面検査装置ウエハー搬送機構の刷新で高い生産性、独自の洗浄処理技術を有する枚葉式洗浄装置世界初! 超音波AIで冷凍マグロの鮮度を非破壊評価、将来的にはおいしさの判定も±10m毎秒まで測定可能な非接触測長計、製紙工場の余巻き防ぎコスト削減に貢献半導体製造プロセスの歩留まりを改善、新設計の四重極形質量分析計高剛性と空間精度15μm以下の高精度を両立、DMG森精機最大の横形マシニングセンタ海外の現地法人は? アジアの市場の動向は?:「海外生産」コーナー

独立系中堅・中小企業の海外展開が進んでいます。「海外生産」コーナーでは、東アジア、ASEANを中心に、市場動向や商習慣、政治、風習などを、現地レポートで紹介しています。併せてご覧ください。

「海外生産」コーナー「海外生産」コーナーへ関連キーワード工場 | 三菱自動車 | FA | 生産体制 | 工場ニュース仮想通貨カジノパチンコテレ朝 グッズ オンライン

コメントを残す